Menu

南京虫の駆除対策は

南京虫

駆除の方法をチェックしよう

南京虫とは、トコジラミのことを指します。シラミという名が付きますが、シラミではなくカメムシの仲間です。最近、この南京虫による被害が数多く報告されています。日本では、殆ど死滅したと思われていた害虫ですが、海外から持ち込まれる事例が増えているのです。そして、温暖化の影響も手伝って、日本国内でも増殖する傾向にあるのです。そのため、ネット通販では、南京虫駆除のためのスプレーが売り上げを伸ばしています。このスプレーは、家庭用殺虫剤よりも強力な薬剤であるため、即効性が高いと評判です。ただ、スプレー缶1本につき、三千円近く掛かるのが難点です。費用を安く抑えるためには、カメムシ用の殺虫剤スプレーがお勧めです。南京虫もカメムシの仲間なので、このスプレーが効果的なのです。スプレー缶の値段も、南京虫駆除用に比べて3分の1の値段となっています。しかし、薬を撒き続けていると、その内に薬剤に耐性のある個体も出てきます。そうなると、スプレーでは駆除できなくなります。南京虫駆除は、なるべく早い段階で、専門業者に依頼することが賢明です。業者に依頼すれば、個人では手に負えない場所への薬剤散布も実施してくれます。1回の薬剤散布に数万円の費用が掛かりますが、スプレー缶を用いる駆除より、短期で解決できます。南京虫駆除のスプレーを使っても埒が明かない場合には、専門業者に相談するべきです。手をこまねいている間に、南京虫はどんどん増殖していきます。

Copyright© 2018 家の内部に住み着いているシロアリを駆除【対策はプロに頼もう】 All Rights Reserved.