知見を広げたいのなら英会話の無料体験を受けよう

男性と女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語の良さを伝えよう

勉強

日本語教員は、年々訪日外国人や留学生が増えていく中で需要が高まってきています。それに伴い、教員の募集をかける日本語教室も増加してきているんです。日本語教員になるには、大学で言語学を専攻する、日本語教員養成課程を履修する、日本語教育能力検定に合格するといった方法があります。前者二つに関しては大学限定になりますが、後者の日本語教育能力検定に関してはそれに関係していない人でも受けることが可能です。日本語教育能力検定とは、日本語を教えるうえでの基礎的な知識と能力を計る一種の資格試験になります。この検定は国家試験でも公的試験でもありませんが、日本語教師として働くときの一つの証明となる資格です。毎年10月ごろに試験が行われ、12月ごろに合格者が発表されます。検定の合格率は20%前後なので、独学でも時間をかけて勉強をすれば十分合格できる可能性が高い検定になります。

日本語教育能力検定に受かるための勉強法としては、大きく分けて二つの方法があります。一つは教員育成のための通信教育、または講座に通うこと。もう一つは独学でテキストを買って自分のペースで勉強をすることです。講座を受講すれば専門の先生が授業形式で教えてくれるので比較的短期間で試験合格が狙えますが、その分費用もかかります。一方、独学でのお勉強はテキスト代など費用はそれほどかかりませんが一から自分で理解し根気強く続けていく意思がないとかなり長期にわたって勉強を続けることになります。これらの勉強法に関してはそれぞれの好みで選ぶと良いのですが、講座を受講する方法は金銭面や時間の関係から受けられない人が多いのが現状です。しかし、独学でも合格する可能性が十分にあるんです。その方法で一番良いのは、長期を見越して計画を立てることです。検定は細かい分野まで出題されるので、テキストも分野ごとに買っておくと便利です。あとはひたすら問題を解いて苦手な分野を専門的なテキストで補うと効率良く勉強ができます。